Statement
 

 

I am a painter.

 

I would like to paint living things and convey energy metamorphosis.

But, Why is a painting dry? Why isn't a painting alive?

For me, it felt like all my past paintings were dead. 

 

So, I was inspired to start “Alive Painting” my current work. Combining the energy of movement and the vibrant of colors, I bring pictures to life.

I depict the resonance between shapes and textures by using different types of liquids, each with a unique characteristic.

How the materials interact with each other is influenced by external factors, such as wind, sound, humidity, gravity,time…etc.

In recent years, I have performed solo live acts using a colour-organ system called “Fluid2wave”.

This system uses soundtracks and sound effects to accompany the digital projection of the live color painting.

My work of art is an abstract metaphor of  various aspect of nature through the use of colors and fluidity, and attempts to celebrate the moments of beauty amidst the ephemerality of life.

 

Life has different wavelengths. So, I create work of art with various materials and forms of media to capture each passing moments.

I’m interested in the beauty of the boundary between 2 colors. To me, the meeting of 2 colors represents the dance of Yin and Yang.

 

私は絵を描いている。

生きている状態、動き続ける光景を描きたい。

なのになぜ、絵の具は乾き、固まってしまうのか?

 

 

私は、絶えず変容する姿を描くため、流動性を用いた”Alive painting” を始めた。

”Alive painting” では、様々な性質を持つ材料を用い、相互に反応させることで絵を描く。それによって、要素の流れと色彩がもたらす美的な快楽と、生々流転をその場に現すことを試みる。材料の化学的性質に加え、風、重力、振動などの外的要因によって予期せぬ反応が現れてくるので、二度と再現不能の景色がゆるやかに出現し、その経験そのものを鑑賞者と共有する。近年では、色の差異を即時的に画像解析、デジタル処理することによって音を発生させるカラーオルガンシステム“Fluid2wave” と、さまざまな周波数の音波によって絵に波をおこすなど、音も絵も同時に呼応するソロパフォーマンスを行う。

 

一個人的な視点と、広く世界を捉える視点を同時に表現することができる絵の可能性を感じており、液体でつくる現象や色彩を、河川や生物、自分も含めたメタファーとして作品の中に登場させる。

 

すべての生物、物質はそれぞれのリズムを持って生き、姿を変えてゆく。

だから私は、音、映像、写真、パフォーマンス、と様々な表現形式を用いて、そのそれぞれの方法だから掴むことができる時を捉えたい。

私はこれからも、2つの物事によって現れる境界線の美しさ、止まることなく満ち欠ける陰と陽の姿を探求し続ける。